12.13
15

髪の毛の抜ける量が増えてきたら、育毛を検討すべき

by tera ·
Pocket

髪の毛の抜ける量が増えてきたら、育毛を検討すべきときかもしれません。
育毛を怠っていると、いつか薄毛で悩むはめになるでしょう。まずは、どうして毛が抜けるようになったのか、その原因から、改めていきましょう。
食べ物、不足がちな睡眠、不適切なヘアケア、精神的なストレス、煙草やアルコールなど、多種多様な原因が抜け毛を増やし、髪の健康は発育を妨げます。
加えて、AGAの可能性も考えられます。
一部の人に限りますが、お茶を飲むことで、薄毛対策になります。
つい手を出しやすい缶コーヒー、清涼飲料水などは意外とたくさんの糖分や添加物が含まれているため、お茶を飲む習慣にすると髪だけでなく体の健康にも繋がります。
さらに、お茶は簡単に髪にもいい栄養、例えばミネラルやビタミンを摂取することができるのです。
ルイボスティーとかゴボウ茶は、数あるお茶の中でも豊富な栄養素が含まれているので、髪にもいいと言えるでしょう。
もしかしたら、M字ハゲになってしまうかもと恐怖を感じたら、AGAの検査を受けた方がいいです。生え際の後退、頭の天辺の薄毛はAGAの特徴の一つです。
いくら生え際が後退しているからといって男性型脱毛症ではないこともあるでしょう。しかし、AGAによる脱毛の場合だとそのへんで売っているような育毛剤を買ったところで効果がないはずなので、無駄なお金と時間を費やすことになるのです。
早期治療によって効果を得るためにも、AGAかどうか確認しましょう。
最近、グリーンスムージーなどもテレビに登場する機会が増えていますが、毛を増やすためには、果物を食べろ、といわれているようです。
果物から豊富に摂取できるビタミンやミネラルが、育毛の必須要素であるタンパク質の生成を手助けしてくれます。
おやつ代わりに果物を食べると、薄毛対策に役立つでしょう。
ただし、消化されやすいという特徴を持つ果物なので、大切なことは、空腹の状態で食べることです。
牛乳は育毛によくないということが、明らかになってきています。
それは、牛乳が含有するタンパク質が動物性である為です。植物性タンパク質は多くの場合、体に良いとされ、摂取が推奨されますが、動物性のタンパク質はいわゆるドロドロ血の素になるといわれるため、髪が元気でいるための栄養も流れにくくなり、結果として毛が抜けてしまいます。タンパク質の摂取は、健康のためにはとても大切ではありますが、動物性のものは、摂取をひかえることをおすすめします。
また、亜鉛が体に取り込まれる際、カルシウムがそれを阻んでしまい、育毛に欠かせない働きをする亜鉛が体にとりこまれにくくなるので、育毛にとって、牛乳は敵といえるかもしれません。
一生懸命育毛に精を出しているのに、生えてきたのは産毛だけだと頭を抱えている人もよくいます。
育毛を促す行為も大切なのですが、健康な毛髪が成長するために良くないことを減らすこともさらなる重要事項となります。
髪が育つのを妨げる悪習は可能な限り早く見直すようにしてください。
家系を振り返った時に、薄毛の家族がいる場合は、病院で診療してもらうのも有効なことです。シャンプーとかリンスといったヘアケアによって、抜け毛が増えるケースもあるので、シャンプーやリンスは使わないで、湯シャンで洗髪することによって、育毛がうまくいくようになる可能性があります。
湯シャンの前には、念入りにブラッシングをしておきます。
そしてぬるま湯を使って頭全体を濡らし、流しながら洗いますが、その時決してごしごし力一杯頭皮をこすらず、お湯を流しながら、毛穴を広げるようなイメージで、汚れをおとしていくようにするのが湯シャンの肝と言えるかもしれません。お湯の洗浄力というのはなかなかのもので、湯の温度が高くなると洗浄力があがります。
しかし熱い湯をつかうと乾燥肌になる可能性がありますので、お湯の温度はぬるめに設定しておいた方がよいでしょう。
湯シャン後、クエン酸やお酢などを薄めて作った、リンス代わりになる液体を髪になじませるようにすると、ごわごわしたり、キシキシになったりしないので、お試しください。
疲れているときに「ちょっと貸して」と手をマッサージされて、効く?っと感じた経験はありませんか。手や指には緊張や疲労に効くツボがあり、無意識にマッサージしている人も少なくないでしょう。
そんな身近なツボですが、抜け毛や育毛に効果があるとも言われています。
手をマッサージするときは、ツボ1点ごとに、じんわりと時間をかけて行いましょう。
早く押すより効果がありますし、落ち着きのある動作が品良く見せてくれます。
いかにも「健康、ツボ押し中」のようには見えませんから、日常の動作に取り入れて習慣化するのも容易でしょう。ツボの位置はてのひらに集中しています。
親指の付け根付近にある「脱毛点」を刺激するのが良いのですが、痛いと感じる人もいるようですので、最初はソフトに押しましょう。掌の中央(くぼんだあたり)にある労宮は、すぐわかると思いますので、押してみてください。
中指の第一関節(指先側から一番目の関節)のシワ付近にあるツボは内臓の働きを良くして体の代謝を促します。
あわせて揉むことで、抜け毛が少ない地肌を作り、地肌の代謝を良くして髪に必要な栄養が届きやすいようにしてくれるので、育毛にも役立ちます。
ぼんやりしていると利き手側でないほうの手ばかりマッサージしてしまいますが、利き手の方もケアすると効果的です。とはいえ、ツボ押しの効果は長期的に現れてくるものですし、ツボ押しのほかにも、抜け毛の原因となりそうな生活習慣を改善していくことも大事でしょう。
美容室などで受けることのできるヘッドスパは気持ちの良いものですが、ヘッドスパは、お店によって、その力加減がまったく違ってきます。
なので、お店選びは慎重に行うべきでしょう。
専門の技術者がいるお店か、でなければ、育毛やヘアケアに詳しいお店のヘッドスパを受けた方が、良いようです。
育毛についてよくわかっているプロの手によって、快適なマッサージを受けられるということや、ケアを怠ったせいで硬くなり、血行が酷く悪くなった頭皮を、やわらかい状態にもどしてもらうのもヘッドスパ利用による、得難いメリットと言っても良いでしょう。
ところが、美容室で、カットやシャンプーのついでとしてメニューに載っているようなレベルのヘッドスパの場合、思っているほどの効果を得られず、不満を覚えるかもしれません。
シャンプーは通常、頭皮の汚れを落とすために使うものですから、洗浄力が高いというのは良いことです。
しかし、そういった普通のシャンプーを使うと、強い洗浄力のせいで頭皮を傷めてしまい、炎症を起こして、抜け毛が増えているような人もいるようです。「なるべく低刺激のシャンプーがほしい」という声はそこそこあり、そんな中で注目されているのは、ベビーシャンプーを利用することです。
名前通り、低月齢の赤ちゃんに使用できる、弱酸性シャンプーで、一般的なシャンプーと比べると、皮膚への刺激がずっと少ない、やさしいシャンプーです。赤ちゃんは皮脂を落としすぎてはいけませから、ベビーシャンプーもそういった仕様になっており、普通のシャンプーを使うと、少ない皮脂がさらに減って、乾燥肌が酷くなるといった人でも心配なく使えるシャンプーとして、高い評価を得ています。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.