12.15
15

そろそろ薄毛が気になってきたけれど

by tera ·
Pocket

そろそろ薄毛が気になってきたけれど、化学薬品はできれば避けたいという人もいるでしょう。
そんな人は、植物由来のやさしいオイル「グレープシードオイル」を使ってみるのはいかがでしょうか。
グレープシードオイルは、ワインの製造過程で大量に出る、ブドウの種子を利用して作られており、マッサージオイルとしても優れています。そして、頭皮を、髪にとって良い状態にしておくために必要なオレイン酸やビタミンEがたっぷりと含まれたオイルです。
これを使って、頭皮を優しくマッサージします。植物油ですが、サラッとしているので抵抗なく使えるでしょう。指先ですりこむようにすると、すぐ頭皮に浸透し、脂性肌や乾燥肌が原因のフケやかゆみを抑える効果があり、髪の土台である頭皮を良い状態に整えることで、育毛を促します。
それに、グレープシードオイルは香りが少なくサラサラと軽く、髪につけるとツヤが出ますので、ヘアケアに使うこともでき、毛の質を強くしてくれるということです。
これから育毛していきたいと考えているのなら、血行促進を第一に考えると良いでしょう。血管の中に脂肪が蓄積して通りにくくなっていたり、低栄養で酸素が不足した状態だと発毛や生育に必要な栄養素が頭皮に行き渡らず、血液を介した正常な代謝ができないので老廃物がたまったままになり、炎症やトラブルが起きやすくなります。
血液がサラサラになるような食生活をするのが良いですが、四季の変化のある日本では意識的に水分をとることも忘れてはいけません。
常に血行が良い状態を保つようにしましょう。ただ、栄養バランスに気をとられすぎてカロリー過多になるのはいけません。長時間同じ姿勢でいることを避けたり、仕事中に疲れたらツボ押しをしてみるなど工夫をするのも必要です。適度な運動も効果的ですが、時間のない人でもストレッチやマッサージなら日常生活の中に取り入れやすいでしょう。「なんとなく」から血行を意識した生活にすることで、育毛効果が上がるので、できることからはじめてみてください。
日本人の米食は昔と比べてだいぶ減ってはいるそうですが、それでも毎日食べている人は多いです。
そんなお米ですが、お米だけに含まれているらしいγ(ガンマ)オリザノールという特有成分があることが知られており、これがすばらしい効能を持っています。
抗ストレス作用があり、更年期障害を和らげ、善玉コレステロールを増やし、その上、悪玉の男性ホルモンとして悪名高いDHTの発生を抑えてくれるそうです。そういう訳で、男性型脱毛症にも大きな効果がありそうなのです。DHTは、男性型脱毛症を起こす、大きな原因となっており、これが分泌されると症状が出て、進行していくからです。
お米の胚芽部分に主に含まれる成分だということですが、お米を食べて男性型脱毛症を改善できるなら、育毛のため、ぜひ、お米を食べたいものですね。
低周波には肩こりの治療というイメージをお持ちの方が多いかと思われますが、育毛に役立てられることもあるのです。育毛に特化した低周波治療器を使えば、血行ががうながされますし、毛穴もデトックスされやすくなります。
ただし、育毛効果が現れると言いきれない低周波治療器も、多いので、買う場合には慎重に選ぶことが大切です。
薄毛が気になりだした人におすすめしたいのは、玄米食です。
慣れないと毎食玄米は手間なので、できるだけ摂るようにする、というスタンスでも大丈夫でしょう。
美味しく炊き上げるには、少しコツと手間が要りますが、そうまでしても是非食べておきたい理由は、健康にいいものですし、何より育毛にとって大事な栄養素がとても多く摂れるのです。
余談ですが、玄米は栄養の豊富さで、ベジタリアンにも人気があります。育毛に必要とされる栄養素というのは、ビタミン各種、ミネラル群、食物繊維などがありますが、玄米を食べることで、これらを過不足なく摂取できるそうですから、大変お得です。
白米を基準にしてみますと、亜鉛、タンパク質、葉酸も多いし、ビタミンB2は倍、ビタミンEはほぼ5倍くらい、そしてビタミンB1は8倍ほども含むそうです。
近年では育毛製品が入手しやすくなり、種類もいろいろ販売されるようになり、使い勝手も自在に選べるようになってきました。
そのひとつが、チャップアップです。大手通販サイトの育毛剤ランキングでご覧になった方も多いのではないでしょうか。
これはちょっと変わった製品で、ローションタイプの育毛剤に、育毛効果のあるサプリを配合した商品です。育毛剤だけ使用して効果を待つのも良いですが、組み合わせのほうが効果が高いのは事実ですから、すでに配合済みの本製品を使うほうがより早く、高い効果を得ることができるのではないでしょうか。
ランキング上位になっているように、すでに育毛を知っているユーザーから、大きな期待を集めているこの製品は、クチコミも多く、医師が推奨している点でも安心できます。
育毛に関する相談も広く受け付けている点もチャップアップの特徴のひとつです。
いくらおしゃれのためでも、パーマは頭皮にダメージを与えてしまうので、なるべくなら避けたいものです。
パーマの後には育毛剤を使いたい、という気分になりがちですが、頭皮は損傷を受けた直後ですから、ここに育毛剤を使うのは考えものです。状態が回復するまで育毛剤は使用しなくてもよいでしょう。パーマ後の洗髪ですが、ごしごし力いっぱいこすらずに、やさしく、軽いマッサージのような感覚で行います。
洗髪剤はしっかり洗い流し、洗髪後、髪はしっかり乾かしておきましょう。
育毛という視点から見ると、パーマをかけるのは、やめておく方がいいのですが、どうしてもということなら、育毛パーマにしておくとそれほど頭皮への損傷は気にしなくて良いでしょう。
男性は苦手かもしれませんが、ココアは優れた育毛作用が期待できるといいます。
血行を改善する作用があり、豊富に含まれるミネラル分のおかげで抗酸化作用があるだけでなく、炎症やストレスに対する抵抗力を高める力があるため、頭皮の血流改善や毛根の老廃物の代謝などに、とても効果的です。もし嫌いでなければ、積極的に飲むようにしましょう。
でも、糖分を多くとりすぎると育毛には逆効果ですので、オリゴ糖や蜂蜜、羅漢果などからとれる砂糖代替の甘味料などを使って甘味を調整すると良いでしょう。オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やす効果があり、健康への相乗効果も期待できます。東洋医学においてツボは重要な役割を担っていますが、その中に、髪の毛が豊かになる便利なツボもあると考えられています。
頭を揉み込む時に、ツボを刺激してみるのも手と言えます。
ただ、ツボを押したところで明日にでも効き目が出てくるわけではないのです。
そんな風に即座に育毛出来るなら、この世に薄毛に悩む人はいなくなります。
「これを食べると毛が生えてくる」といわれる食べ物には、海藻は良いといわれています。毛髪のタンパク源となる大豆、色素などの元となる緑黄色野菜、その他、いろいろな食物が挙げられてきました。
青魚、唐辛子も育毛に効果ありと、民間療法として伝わってきました。
食材ですから、薬のように集中的に摂取するのではなく、育毛に良いとされる食べ物を中心に、多彩なメニューの献立で食べるよう注意を払っていきましょう。
偏った食生活は、抜け毛を増加を招いてしまいます。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.